2/15(土) 文部科学省 課題解決型高度医療人材養成プログラムにて代表理事石井が講演いたします

2018年12月19日

弊法人代表理事の石井が、2020年2月15日(土)に
「学校メンタルヘルスと若者の自殺対策」の題にて講師講演する
文部科学省 課題解決型高度医療人材養成プログラム「職域・地域架橋型ー価値に基づく支援者育成」が下記の通り開催されます。
本プログラムに関する詳細は、こちらのホームページをご覧ください。

来年度1年間(2019年~2020年3月)を通して積極的にご参加頂ける皆さまのご応募を心よりお待ちしております。

文部科学省 課題解決型高度医療人材養成プログラム
平成31(2019)年度「職域・地域架橋型ー価値に基づく支援者育成」
養成コースC:職域・地域架橋型コーディネーター[土日のセミナーシリーズ中心(1年間)]
地域連携型コース(C-2)

対象(10名)
 行政、社会福祉、学校教育、 NPO法人等で対人支援職に従事する社会人、あるいはそれらの職を目指す学生等が主な対象です。医療職等で地域との連携について学びたい方、心理職等個人の支援にあたる方で社会的支援の視座を深めたい方等も対象に含みます。

内容
 共同創造の時代のメンタルヘルス、精神保健サービスの構築と質の評価、地域保健の現場、地域連携といったテーマの講義や演習(8時間×12日)と、学内(6時間×2日)や学外(6時間×2日)連携施設における実習を行います。
※弊法人石井による講演「学校メンタルヘルスと若者の自殺対策」は2020年2月15日(土)に開催予定です。養成コースCの講義一覧はこちらをご覧下さい。

受講期間(1年)
 2019年4月~2020年3月

修了要件
 本コースで定める科目を合計120時間履修することで、履修証明書が授与されます。

受講料
 9万円(学生は5万円)

お申込み
 募集要項をご覧下さい。

 

このページのTOPへ
LINEで送る