若者自殺予防ゲートキーパー養成事業について

特長1

「自殺総合対策大綱~誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して~」に対応した若者向け自殺予防対策事業です。


「自殺対策を推進する議員の会(議連)」の
若者自殺対策ワーキングチーム
座長 谷合正明参議院議員へ要望書を提出

Light Ring.の代表理事が共同代表を務める「若者自殺対策全国ネットワーク」を通じて、自殺総合対策大綱の改定に向けて政策提言を行いました。その結果、平成29年7月に提言内容が「子供・若者の自殺対策を更に推進する」として、本大綱に新たに反映されました。本事業は、重点施策である「自殺対策に係る人材の確保、養成及び資質の向上を図る」と「子供・若者の自殺対策を更に推進する」に対応しています。

 

青少年の自殺対策・メンタルヘルス対策の充実は、法改正を受けて閣議決定された
「自殺総合対策大綱」(平成29年7月)の重点施策にも盛り込まれています。

 

特長2

大学生を対象に、「基礎学習(集団)→日常での実践(個別)→振り返り(集団)」の3ステップ1組で、ゲートキーパーを養成する講座です。

通常のゲートキーパー養成研修とは異なり、Light Ring.の若者を対象としたゲートキーパー養成研修では、座学での学習だけでなく、その後の実践や振り返り(定着)を重視していることが特徴です。意識的に日常生活を送ることで、身近な友人や家族の異変にいち早く気付いたり、またセルフケアにより辛い気持ちを受け止めたりすることに繋がります。知識だけでなく、実践と振り返りを伴うことが「こころの支え手」の育成で最も重要なことだと考えています。
 

 

これまでの実績

  • 東京女子医科大学
  • 早稲田大学
  • 明治学院大学など      

東京女子医科大学 杉下教授コメント

東京女子医科大学
国際環境・熱帯医学講座
杉下智彦教授

 東京女子医大で、「自殺」をメインテーマに扱った講義は初めての試みでしたが、主に医学部1 , 2 年生の受講生は、大変熱心に講義に参加し、最近話題になっている「若年者の自殺」について考察を深める機会を得ました。受講後のアンケートによると、
「医師として寄り添うことの大切さを痛感した」、
「人と人とのつながりが健康に及ぼす影響を理解できた」、
「悩みを聞くことのできる傾聴力が伸びた」など、
前後2 回の講義を通して、社会人や医師としての素養を身に着けるきっかけとなったとの回答が多く寄せられました。他者への共感する力を通して医師としての自覚を深め、まさに「寄り添うことの大切さを教えてくれた」 素晴らしい講義でした。

参加者の声


大学生

M.I.さん(20代、女性)
姉と母から「死にたい」
という声を受け止めた

 自分と近しい人が死にたいと言っているのはやはり悲しいし聞いてて辛いです。その時には毎回感情がなくなってなんとか元気に対応できますが、対応した後の精神的疲労や身体的疲労、ぐったり感がすごいのでなんだかんだ言って毎回戸惑っています。
 (宿題として提出が求められる)ワークシートで、自分の身なりに構わなくなるというサインがありましたが、私の姉がまさにそうでした。洗濯物を出さずに匂いがするのに、それは彼女のずぼらな性格だと家族はみなしていましたが、今考えれば、姉のしんどいことがあった時期にそれは始まっており、彼女から出ていたサインだったと気がつきました。 今後、身の回りの人の発言だけではなく、行動や元気の無さといった雰囲気にも気を配ってみようと意識が広がりました。そのように気付いた時に、気になる人には声をかけてみようと思います。

お申込みから研修実施までの流れ

お申込みから研修実施までの流れ

本ページのお申し込みフォームよりお問い合わせ下さい。

お申込みから研修実施までの流れ

LightRing.より開催概要や注意事項に関する確認のご連絡を差し上げます。

お申込みから研修実施までの流れ

申込書を記入の上、提出しください。以上で開催は決定です。

お申込み・ご相談はこちら

『大学生向け若者自殺予防ゲートキーパー養成事業(2日程)』にご関心のある新宿区・港区の大学の先生方は、下記フォームよりお問い合わせください。

個人の方へ

寄付をする
寄付募集
スタッフになる
求人募集
問い合わせをする
お問い合わせ
事業に参加する
支え手支援事業

法人の方へ

寄付したい
法人寄付募集
問い合わせをする
お問い合わせ
講演・研修を依頼する
講演・研修依頼
このページのTOPへ
LINEで送る