【政策】立憲民主党の政策方針にこども若者自殺対策が明記されました。

2019年07月30日

いつもLightRing.をご支援いただきまして、誠にありがとうございます。

この度、立憲民主党の「子ども・若者立憲ビジョン」に、LightRing.の提唱する 子ども若者自殺対策が明記されました。

現在、子ども若者自殺対策に有用な対策は、
子ども・若者にとって、「身近な人の力で救われる(一次予防の)環境が、自分の生活環境に用意される事」(支えられる)
「身近な人を支えることで自分自身が救われていい自信が持てるようになること、
 同世代の子ども若者が身近な人を支える事で、ともに救われる一次予防環境が少しずつ醸成されること」(支える)。
と考えております。

これからも当法人は「学校内における身近な友人同士のソーシャルサポート(支え)」を広めることで、
支えー支えられることができる人間関係づくり支援を通じた子ども若者自殺対策に尽力して参ります。

詳細は添付のPDF
および立憲民主党のウェブサイトをご覧ください。

子ども・若者立憲ビジョン
3.子どもと若者を守ります
年齢の若い人の自殺数は少しずつふえ、年齢が低くなる傾向があります。
小中高校での相談体制を強化します。身近な友人の間で安心して相談し合えるよう、学校の学びにも組みこむ等、環境を整えます。

このページのTOPへ
LINEで送る