初めて通常国会で「自殺対策ゲートキーパー」について議題が挙がりました。

2021年06月11日

国会報告 3月23日 国会予算委員会で公明党 竹内真二参議院議員が国会でゲートキーパーを取り上げました。 公明党竹内議員 2020年の小中高生の自殺者数は、過去最多499人。現在、国では昨年10月に孤独・孤立担当大臣が就任したことより、 その支援内容が用意されることが急務です。その中、公明党では「初めに手を差し伸べるゲートキーパーの育成・支援」にも着目をしており、 全国的に広める仕組みが必要であることが、国会で指摘されました。 国会の場では、萩生田文部科学大臣、田村厚労大臣が回答を述べ、その重要性が確認されました。   若者自殺・孤独孤立対策は現在、社会的に喫緊の課題です。 身近な人の話を受け止める「ゲートキーパー」育成・支援を全国的に展開する仕組み・制度が、必要不可欠とされています。

個人の方へ

寄付をする
寄付募集
スタッフになる
求人募集
問い合わせをする
お問い合わせ
事業に参加する
支え手支援事業

法人の方へ

寄付したい
法人寄付募集
問い合わせをする
お問い合わせ
講演・研修を依頼する
講演・研修依頼
english_info
このページのTOPへ
LINEで送る